• 入会

  • ログイン

  • メニュー

キャッチコピー

カレコのキャッチコピーを募集します。

カレコのカーシェアってこういうこと

「カレコの会員」であることを周りの人に自慢したくなるようなキャッチコピーを募集します。
ご応募いただいたコピーの中から、特にカレコの特徴を表しているキャッチコピーはホームページや広告でご紹介させていただきます。

応募する

晴れたからカレコ。雨だからカレコ。

その日に合わせて車を使える気軽さを表現するキャッチコピーです。

(月枝 はるか様)

駅近より、カレコ近。

カレコ会員にとっては駅が近いより、カレコが近い方がメリットになる。それぐらいカレコが便利であることを表現しました。

(大野 友輔様)

「パパ」になったり、
「オレ」になったり。

カレコの特長を捉えました。

(三上 佳祐様)

carecoだった。いいパパに見えた。

必要なとき、必要なBOONを。

(田中 恵美子様)

若者に、もっと夜景を。

若者には、もっと夜間パックを使って、好きなことをしてほしい、ということを書きました。

(田中 恵美子様)

デートに。トーデに。

様々な車種・プランが揃うカレコ・カーシェアリングクラブをアピールします。

(柴田 賢一様)

今日のマイカーは、どれにしよう。

カーシェアの魅力をコピーにしました。

(関谷 知加様)

マイカーを再定義しよう。

カレコ・カーシェアリングがマイカーの定義を変えかねないことを表しました。

(矢野 雄一郎様)

わたしの愛車は、
誰かの愛車でもある。

交通機関の代替であるだけでなく、クルマに乗ることの楽しさを提供するサービスであることを表現しました。

(淺野 俊輔様)

Suicaでベンツ。

Suicaで気軽に利用できるという特徴を書きました。普通は鉄道で使うカードで、ベンツをはじめ様々な車種に乗れる優越感を表現しました。

(芹澤 高行様)

一人で泣きたい時も。みんなで笑いたい時も。

10分単位での利用や豊富な車種とステーションのあるカレコ・カーシェアリングを利用するメリットを表現した。

(小宮山 玄一様)

賢く買わない。

カレコ・カーシェアリングクラブの会員の魅力を表現しました。

(鈴木 謙太様)

俺、クルマ持ってないんだよね!

クルマを持っていることがステータスとして考えられることもある現代ですが、カレコのようなカーシェアリングサービスがあることで、クルマを持っていないことを誇らしく堂々と言える時代が来ることを期待しています。

最近、車が維持費と離婚した。

カーシェアでは、維持費がかからないというのをわかりやすく伝えました。

時々、ふたりで同じ方向を向く。

商品の必要性を表現しました。

30分後に彼女を迎えに行く。

ちょっとしたことにも借りやすいし、すぐに借りれる。

人は急に遠くに行きたくなる生き物だ。

親しみやすいコピーにしました。

6人から8人への変更は、ぎゅうぎゅう詰めで解決しない。

「カレコ・カーシェアリングクラブ」の魅力を、端的に表現してみました。

車?持ってるよ。
その辺にいっぱい。

自分の車を一台持つよりもカーシェアの方が便利で魅力的に伝わるようなキャッチフレーズ

車がないと、免許証は、ただの高価な身分証明書になる。

取得するのに結構なお金と時間をかけた運転免許証。ペーパードライバーになってしまって、レンタルビデオの会員証を作るためのただの高価な身分証明書になっている方も多いのでは。カレコのカーシェアリングに登録すれば、運転免許証がただの高価な身分証明書なだけではなくなります!という価値をアピールしました。

オープンカーも?キャンピングカーまで!?

魅力を表現しました。

え、ドライブに行きたいの?いいよ!

「カレコ・カーシェアリングクラブ」の魅力を、端的に表現してみました。

遊びにいくとき、人数は、当日になって増減する。

「カレコ・カーシェアリングクラブ」の魅力を、端的に表現してみました。

デキるオトコは乗り分ける。

TPOによって、気軽に色んな車を乗りこなせる様子を表現しました。

今日のお迎えはなにで来てくれるかな?

子供もワクワク待っている。

アイツ、何台車持ってんだよ!

カレコ会員であることを自慢したくなる表現に。

時代は変わる、生活も変わる、気分も変わる。車も変える。

カレコ会員であることを自慢したくなるようなコピーを考えました

このスマホが、うちの車庫。

スマホで簡単に予約できるという特徴を表現しました。

彼女を乗せたい車と、友達と遊ぶ車は違う。

カーシェアリングしたくなる理由を考えて企画しました。

車がないと出かけてるって丸分かり。

自家用車があるとパーキングに車があるかないかで家にいるかいないか分かってしまうなと思います。出かけていることがわからない防犯にもなるのかなと思います。

服だって、試着してから買うはずだ。

カレコ会員であることを自慢したくなるようなコピーを考えました

初デート、二人旅、家族旅行まで。

人生を通してどのシーンにも使える

車デートは、お酒の弱い俺の必殺技だ。

カレコ・カーシェアリングクラブの会員が、カレコ会員であることを自慢したくなるコピーを考えました。

部長はタバコを吸いに行った。
僕はドライブしに行った。

10分から気軽に借りられるという特徴で新しいライフスタイルを提案しました。

家族が自由になりました。

カレコ・カーシェアリングクラブ会員の魅力を表現しました。

一生乗れない。はずだった。

カレコ・カーシェアリングクラブ会員の魅力を表現しました。

都市部じゃ車なんていらない。って、言い聞かせていただけでした。

カレコ・カーシェアリングクラブ会員の魅力を表現しました。

車が、すきになりました。

カレコ・カーシェアリングクラブ会員の魅力を表現しました。

売るんじゃなくて、返したい。

カレコ会員であることを自慢したくなるようなコピーを考えました

絶対に必要なものが、絶対に持ち物である必要はない。

買う以外の選択肢を表現しました。

誰にも会わずに走り出したい夜もある。

カーシェアするカレコの手続きのスマートさに焦点を当てて表現しました。

ママが、ベンツで迎えに来た。

カレコ・カーシェアリングクラブの会員が、カレコ会員であることを自慢したくなるアイデア

乗るよりも、洗うことの方が多かった。

乗る機会が少ない状態を表現しました。

うちなんていつも駐車場でゴロゴロしてばかり。

休日のお父さんと通勤で使われない愛車を重ねました。だから、いっそ、車を持つけど持たないという新しい車との関係性を選択してみては?と思いました。

駐車場代が、そのまま僕のお小遣いになった。

本サービスの利便性を実感してもらいやすいように、生活のワンシーンを切り取った表現で訴求してみました。

どこに行こうCarな、どれにしようCarな。

色々な種類があるという特徴、どこに行くかをまず車を選んでから決めるという提案をコミカルに表現しました。

あぁベンツ?乗る?

カレコ・カーシェアリングクラブの会員が、カレコ会員であることを自慢したくなるコピーを考えました。

あと10分だけ、遠回りしようかな。

乗ることが楽しくなってしまうという気持ちをコピーにしました。

今日はベンツの気分なの
と言われてもいいように

カレコならその日の気分で車を選べます。

いつもの道も楽しくなる♪

その時の気分で好きな車種を選んで手軽にに利用でき、買い物などの短い利用であっても、いつもの道も違う車で楽しくドライブできる。

今夜ベンツで迎えにいくよ。

カレコ会員なら、高級車を持っていなくても「いつでもクルマ出せるよ?」とサラッと誘える。

終電と共に終わっていた恋がいくつあっただろうか。

ターゲット:都心に住む若者

インサイト:車がなくても電車で十分、車は維持費が高い

ファクト:カレコは乗った分だけの支払い。ガソリン代。保険代等はいらない。24H365日予約可能、外車も高級車もある。日本各地でレンタルできる

メッセージ:カーシェアリングで行動範囲が広がる

「日本って広いんだね。わたし知らなかった。」

カーシェア

今から夜景見に行かない?

ターゲット:都心に住む若者

インサイト:車がなくても電車で十分、車は維持費が高い

ファクト:カレコは乗った分だけの支払い。ガソリン代。保険代等はいらない。24H365日予約可能、外車も高級車もある。日本各地でレンタルできる

メッセージ:カーシェアリングで行動範囲が広がる

突然海に行きたくなる彼女にも。

商品の特徴を表現しました。

都合のいい車。

ターゲット:都心に住む若者

インサイト:車がなくても電車で十分、車は維持費が高い

ファクト:カレコは乗った分だけの支払い。ガソリン代。保険代等はいらない。24H365日予約可能、外車も高級車もある。日本各地でレンタルできる

メッセージ:カーシェアリングで行動範囲が広がる

愛する車だし、愛される車でもある。

カレコ・カーシェアリングクラブの会員が、カレコ会員であることを自慢したくなるように表現しました。

そうだ、温泉行こう。

ターゲット:都心に住む若者

インサイト:車がなくても電車で十分、車は維持費が高い

ファクト:カレコは乗った分だけの支払い。ガソリン代。保険代等はいらない。24H365日予約可能、外車も高級車もある。日本各地でレンタルできる

メッセージ:カーシェアリングで行動範囲が広がる

あ、彼女、今日はヒールか

直感です

クルマはほとんどの時間は車庫にいる。

クルマを買っても結局稼動している時間は少ないので、カレコを使いましょうという提案です。

賢くお得に。

カレコ・カーシェアリングクラブの会員が、カレコ会員であることを自慢したくなるアイデア

欲しくなったら、買えばいい。

今までにない新しい言葉を、書きたいと思いました。

動画配信サービスか、マイカーか。
月額980円のマイカー。

月額980円からのマイカーを訴求する表現。

父の生きがいが増えました。
息子のあこがれも増えました。

カレコの魅力を表現しました。

結婚するなら、カレコ会員がいい。

カーシェアリングを利用する人は、経済的な人なのではないかと思い、買いた1本です。自分の見栄のために、身の丈に合わない車を無理して買ってしまうような人ではなく、将来を見据えて行動できる人。結婚するなら断然こっちではないでしょうか。

いつもの電車じゃ、寄り道できない。

電車は、寄り道ができない。一方、カレコでマイカーに乗れば、知らなかったお店やスポットを発見することで、たくさん寄り道ができることを伝えたいと思いました。

車のしんどいところ、全部なくしました。

カレコの魅力を表現しました。

いいお店は、車じゃないと行きづらいところが多い。

たまに使うということを、いいお店で表現しました。

男の子の夢を、叶えました。

カレコの魅力を表現しました。

娘は色々乗りたガール。

本サービスの利便性を実感してもらいやすいように、生活のワンシーンを切り取った表現で訴求してみました。

オシャレ上級車。

ベンツなどの高級な車まで車種のラインナップの広さと気分や用途に合わせて乗る車を自由に選択できるカレコ・カーシェアリングクラブの魅力を表現しました。

雨だから、カレコにしよう。

カレコの魅力を伝えることを意識しました。

わが子の将来の夢は"カレコ会員"らしい。

子供が憧れて羨ましく思うほどにお得な制度だということをアピールしたかった。

女子が遠出するメンバーを選ぶとき、車を出してくれる人が候補にあがる。

実体験をもとに書きました。

遊びに行くとき、車を出してくれる人が、重宝される。

実体験をもとに書きました。

1人ドライブ、1人カラオケ。
家族ドライブ、歌合戦。

車は密室で、ラジオやCDなどのBGMに乗せて大きな声で歌いやすい。1人でも家族でも、車は人を楽しませてくれる存在であることを表現しました。

カレコでかれこれ、楽をしています。

ダジャレです

終電後、強い味方が現れた。

カレコ・カーシェアリングクラブの会員が、カレコ会員であることを自慢したくなる表現を目指しました。

雨の日に、あの子を送るチャンスをくれる。

カレコ・カーシェアリングクラブの会員が、カレコ会員であることを自慢したくなる表現を目指しました。

買って後悔することはあっても、乗って後悔することは少ない。

ただ乗るだけのカレコなら、購入するよりもリスクが少ないというメリットを表現しました。

今から会いにいくだなんて。車もないくせに。

商品の魅力を表現しました。

マイカー以上の贅沢。タクシー以上の興奮。

好きな車種から選べる。行きたい場所に行きたい時に行ける。カレコで気軽に車の楽しみを味わえる利点を表現しました。

もう一度、車に恋しよう。

若者が車に乗らないといわれる時代。
それは車の楽しみが若者に浸透していない証拠でもある。
車を持つこと、車を走らせることが夢であり、憧れでもあった以前のように、もう一度、車が人々を夢中にさせる存在になるよう願いを込めて表現しました。

いつか家族が出来たら、一番良かった車を買おう

ターゲット:独身男性
家族ができたら、車を買おうとしている人は、今のうちに色々な車種を試し乗りできる

帰りたくないと、父が駄々をこねている。

カレコの車で親子ドライブ。子ども以上に父親の方が楽しみ過ぎて、さらに車を走らせたい欲求に駆られている様を、滑稽に描きました。

お前んち、何台車あるんだよ。

特徴をアピールします。

次は何に乗ってみたい?

特徴をアピールします。

車があるのに、車のことを考えなくてもいいなんて。

特徴をアピールします。

マイカーは、その一生をほとんど駐車場で過ごす。

課題に沿って作成しました。

その時の思いつきが一生の思い出になったりする。

手軽乗れる、カレコのカーシェアリングの魅力をコピーにしました。

車選びまでが、ファッションだと思う。

カレコのある生活を表現しました。

私の地図が、広がった。

カレコのある生活を表現しました。

赤いクルマも、一度は乗りたい。

クルマに乗ることの楽しさを提供する三井不動産リアルティのサービス(カレコ会員「カレコ・カーシェアリングクラブ」)の素晴らしさを表現しました。

ちょっとそこまでが、広がった。

カレコのある生活を表現しました。

駅から遠いから、穴場なんだよね。

Carecoの魅力をアピールしました。

クルマは急に借りれマス。そう、カレコならね。

カレコの利便性が伝わる、具体的なコピーになるよう心がけました。

乗り換えよう
マイカーからマイカーズ

1台のマイカーから、選べる複数のマイカーズに乗り換えよう!

住むなら駅近、カレコ近。

両方の足に近い物件を探そう。

ちょっとそこまでを、もっと遠くへ。

カレコ・カーシェアリングクラブの会員なら、いつでも好きな時に、お得に出掛けられる。

三井の車に乗っている。

カレコの他には無い安心感やブランドを表現しました。

自由を乗りこなそう。

カレコ会員であることを自慢したくなる状況を考えました。

クルマはときどき家計に乗り上げる。

そうです 歩道に乗り上げるのではなく、家計に家計の負担になります、だったらカレコ・カーシェアリング。

免許が証明書にしかなっていない。

カレコ・カーシェアリングクラブの会員が、会員であることを誇りに思えるよう表現しました。

この間までインドア派だったっけ

出発地もタイミングも縛られないことで気軽にドライブを楽しめるようになったことを表している。

思いつきのデートが、小旅行になった。

カレコ会員であることの良さを伝える表現をめざしました。

これ全部オレの車。

ロードスターもベンツも、カレコの特徴でもある車種の豊富さを表現するコピーです。

今日は、最短距離で行きますか?寄り道していきますか?

カレコ会員であるメリットを訴求しています。

私は、乗るだけ派。

自家用車を持たないことを切り口に考えました。

愛車が1台なんて、誰が決めた

カレコなら愛車を何台だってもてる

家族全員が納得。

カーシェアを利用して欲しい人の気持ちや状況を想像して表現しました。