• 入会

  • ログイン

  • メニュー
  • ホーム
  • お知らせ
  • カレコ・カーシェアリングクラブ 会員アンケート2017 調査結果のお知らせ

お知らせ

カレコ・カーシェアリングクラブ 会員アンケート2017 調査結果のお知らせ

お知らせ2018年06月25日

アプリからご覧の方、PDFでご覧になりたい方はこちらをご覧ください。(PDF版)

カレコ・カーシェアリングクラブでは、2017年12月に個人会員さまに対しアンケート調査を実施いたしました。
多くのご回答をいただき、誠にありがとうございました。
本アンケートにより得られた結果をもとに、みなさまにとってカレコがより便利で、クルマに乗ることの「楽しさ」を提供できるサービスとなるべくサービスを充実してまいります。

調査結果要旨

1.若年層へのカーシェアの浸透。カーシェアがマイカーの購入を考えるきっかけに。

20代以下からカーシェアをはじめる割合が過去比で上昇しています。若年層がカーシェアを検討したきっかけは、「クルマに触れる機会がほしかったから(12.8%)」が他の年代と比べ突出しています。
また、マイカーを所有したことがない会員の「カーシェアを利用後にマイカー購入を考えるようになった」と回答する割合も、若年層ほど高い傾向にあります。
今後もこのような若年層にはカーシェアのさらなる普及が期待されます。

2.車種の嗜好、利用目的はライフステージにより変化する。

カレコに入会した理由は、1位の「ステーションが自宅の近くにある(44.7%)」に次いで「乗りたいクルマがある(11.1%)」が2位となりました。また、カレコで満足している点においても、「車種のラインアップ」の満足度が上昇しています。
利用目的においては、若年層は「ドライブ」が他の年代と比べて突出しており、クルマを運転することを楽しんでいることがうかがえます。30~40代では、「郊外の大型商業施設への買い物」が最も多く、家族との外出にカーシェアを利用していることがうかがえます。
使用したいクルマの種類においては、全体ではコンパクトカーが人気の一方で、若年男性には「SUV」、「高級車」、「スポーツカー」といった走ることに楽しみのあるクルマのニーズが高く、ライフステージよって、利用目的や選ぶ車種が変化することがうかがえます。

3.「ドライブレコーダー」など運転支援機能に対する関心、安全運転に対する意識が高い。

必須装備してほしい運転機能について、1位の「自動ブレーキ(43.1%)」に次いで、3位の「バックモニター(18.8%)」を僅差で抜いて「ドライブレコーダー(18.9%)」が2位となりました。
また、「営業補償負担が免除となる保険に任意で加入できるとしたらしたいか」という問いに対しては、79.1%が利用意向を示しました。
昨今、自動車事故やドライバー間のトラブルなどが報道で取り上げられることが増える中で、安全運転に対する意識が高いことがうかがえます。
カレコではこのようなご意見などをもとに、安心してクルマをご利用いただくことを目指して、今後導入する全てのクルマに自動ブレーキ、バックモニター、ドライブレコーダーを設置します。また、2018年4月より、営業補償負担が免除となる保険、「トラブルあんしんサポート」を導入いたしました。

アンケート調査実施概要

実施期間

2017年12月15日~24日

対象者

カレコ・カーシェアリングクラブ個人会員

サンプル数

4,980人

【内訳】
新規会員(2016年12月以降に入会された会員)2,570人
既存会員(2016年11月以前より在籍されている会員)2,410人

  • ※男性80.8%、女性19.2%
  • ※10代0.6%、20代16.1%、30代30.4%、
  • ※40代32.3%、50代16.2%、60代以上4.4%

調査内容

カーシェア検討理由、カレコ選択理由、利用実態、満足度、など

カレコ会員属性

①性年齢別構成

アンケートより

②住居形態

③家族構成

アンケート調査結果

1-1.若年層へのカーシェアの浸透。

カレコに入会した当時の年齢は、30代が最も多くなっています。2017年の入会者においては、20代の割合が前年比4.5ポイント上昇しており、40代の割合よりも多い結果となりました。

  • ※カレコ入会当時の年齢

新規カレコ会員がカーシェアを検討したきっかけは、「マイカーは維持費が高いため」が各年代共通にトップとなっています。それ以外の項目を見ると、20代以下では「車に触れる機会がほしかったから」が12.8%と高く、若年層では車には触れたいという気持ちがカーシェアの検討につながっているようです。

  • ※カーシェアを検討したきっかけ上位5項目/1位 *新規会員限定

カレコの入会理由では「ステーションが自宅の近くにある」が44.7%で最も高く、ステーションの立地が大きな要因となっています。
20代以下では、ステーションの立地に関しては他の年代と比べてスコアが低い一方で、「乗りたい車(車種)がある」が19.2%と高くなっており、若年層では車種のラインアップも選択時のポイントになっていることが確認できます。

  • ※カレコ入会理由上位5項目/1位 *新規会員限定

1-2.カーシェアがマイカーの購入を考えるきっかけに。

カレコ会員全体のマイカー所有状況は、「過去に所有していたが、現在は所有していない」が53.5%で最も多くを占めています。20代以下では会員全体とは異なり、「所有したことがない」が71.4%と最も多くを占めています。

  • ※マイカー所有の有無

次に、マイカーを所有したことがない会員に将来的なマイカー購入意向を聞いたところ、20代以下では「カーシェア利用前から購入するつもりだった」が30.0%、「カーシェア利用後に購入を考えるようになった」が31.7%と6割以上が購入意向を示しており、若年層では将来的にマイカーを持つことを希望している人が多い結果となっています。

  • ※将来的なマイカー購入意向*マイカー非所有者ベース

2-1.カレコの魅力はカーラインアップの豊富さ。

カレコに対して満足している点では「自宅近くで借りられる」が21.8%で最も高く、カレコ入会理由と一致した結果となっています。
20代以下では、「自宅近くで借りられる」が他の年齢層と比較して低い一方で、「色々な車種が利用できる」が20.0%と目立って高くなっており、若年層では車種の豊富さがカレコの評価ポイントとなっています。

  • ※カレコのサービスで満足度の高い点上位5項目/1位

ステーションとクルマに関する満足度については、2015年度、2016年度の同様の問いと比較して、「車種」の満足度の上昇が顕著であることがうかがえます。

  • ※車、ステーション満足度/回答「大変満足」*2015・2015年は利用者ベース、2017年は全体ベース

また、カレコと他社を併用している人に、他社よりもカレコが良い点を聞いたところ、「車の種類」がトップとなっており、中でも20代以下では27.9%と高い評価を得ています。

  • ※併用している他社よりカレコが良い点上位5項目/1位 *他社併用者ベース

2-2.利用目的はライフステージによって大きく異なる。

カーシェアの利用目的を年代別に見ると、20代以下では「ドライブ」が24.9%と突出して高く、若年層はカーシェアを利用し車の運転を楽しんでいる様子がうかがえます。30~40代では「郊外の大型商業施設への買物」「日帰りレジャー」が高く、家族との外出でカーシェアを利用している姿がうかがえます。また、50代以上では「近隣での買い物」「送迎手段」が高く、高年層は生活に車が必要となったときにカーシェアを利用する傾向のようです。 ライフステージによってカーシェアは利用のされ方が大きく異なっていることが確認できます。

  • ※カーシェア利用目的上位5項目/1位

2-3.車種の嗜好は性別や年代によって変わる。男性には「SUV」、「高級車」、「スポーツカー」が人気。

カレコで利用したい車のタイプを見ると、女性には圧倒的にコンパクトカーが人気でした。一方で男性には、SUVやメルセデス・ベンツやレクサスといった高級車やスポーツカーの人気が高い結果となりました。特に20代男性に限定すると、SUVが1位、高級車が2位と人気が高く、30代男性においても、SUVの人気がコンパクトとほぼ同率の回答となり、走ることに楽しみのあるクルマのニーズが高いことがうかがえます。

  • ※カレコで利用したいクルマのタイプ/1~3位計

3.「ドライブレコーダー」など運転補助機能に対する関心、安全運転に対する意識が高い。

必須装備してほしい運転サポート機能は、全体で「自動ブレーキ機能」が43.1%でトップ、次いで「ドライブレコーダー」が18.9%となっており、安全に運転するためのサポート機能が求められていることがわかります。

  • ※必須装備してほしい運転サポート機能/1位

また、「営業補償負担が免除となる保険に任意で契約できるとしたらしたいか」という問いに、79.1%が利用意向を示しました。20代以下では利用意向が85.1%と全年代の中で最も利用意向が高い結果となっており、若年層で高いニーズがあることが確認できます。

  • ※営業補償免除保険利用意向

カレコ・カーシェアリングクラブ