• 入会

  • ログイン

  • メニュー

規約・約款

カレコ・カーシェアリングクラブの会員規約・貸渡約款です。

カレコ・カーシェアリングクラブ会員規約

本規約は、三井不動産リアルティ株式会社(以下「当社」という)が運営するカレコ・カーシェアリングサービス(以下「本サービス」という)に入会されるお客様に適用されます。

第1条(定義)

以下の各号の用語は当該各号の意義を有します。
  • (1)「本サービス」とは、本規約および貸渡約款ならびに細則の定めるところにより、当社所定の保管場所(ステーション)に保管されているシェアカーを会員に貸渡し、会員がこれを借り受けるシステムをいいます。
  • (2)「会員」とは、本規約を承認の上、本サービスの入会を申し込み、当社が入会を承認したお客様をいいます。
  • (3)「会員契約」とは、本規約に定めるところに従い、当社と会員との間に成立する本サービス利用に関する契約をいいます。
  • (4)「シェアカー」とは、本サービスの提供にあたり、当社から会員に対し貸し渡されるカーシェアリング用の車両をいいます。
  • (5)「貸渡約款」とは、シェアカーの貸渡に関し、当社と会員との間に成立するカレコ・カーシェアリング貸渡契約に適用される契約条件等を定める当社の約款をいいます。
  • (6)「登録運転者」とは、第5条に従い、会員がシェアカーの利用者として当社に届け出て、当社の承認を得た者(会員自身を含む)をいいます。
  • (7)「登録運転者ID」とは、この規約により当社が発行する登録運転者毎のID番号をいいます。
  • (8)「入会金」とは、会員が入会に際し当社に支払う金員をいいます。
  • (9)「固定料金」とは、月会費または年会費のいずれかをいいます。
  • (10)「利用料金」とは、登録運転者のシェアカー利用に応じて生じる時間料金、パック料金、距離料金をいいます。
  • (11)「その他費用」とは、入会金、固定料金、利用料金以外に会員規約、貸渡約款、料金表や利用の手引きで定められた費用をいいます。

第2条(本規約の目的)

本規約は、本サービスを会員が利用するにあたって、会員が遵守すべき事項および会員資格等に関する基本的事項を定めるものとします。

第3条(入会資格)

会員は、個人、法人のいずれも申込むことができます。なお、入会申込者が以下のいずれかに該当する場合には、会員となっていただくことはできません。
  • (1)個人会員において、シェアカーの運転に必要な運転免許を有していないとき。
  • (2)未成年の個人会員について、親権者の同意が得られないとき。
  • (3)入会申込の際の申告事項に、虚偽の記載、誤記、または記入漏れがあったとき。
  • (4)個人会員において、入会申込の際に決済手段として当該入会申込者が届け出たクレジットカードがクレジット会社により無効扱いとされているとき、当該クレジットカードの利用が停止されているとき(利用限度額の超過を含むがこれに限らない。)、当社が承認したクレジット会社のものでないとき、またはデビットカード等でクレジットカードでないものであるとき。
  • (5)本規約または貸渡約款、その他当社との契約に違反したことがあるとき。
  • (6)暴力団、暴力団関係企業、総会屋またはこれに準ずる構成員(以下「反社会的勢力」という。)であるとき。
  • (7)法人会員において自らの役員(業務を執行する社員、取締役、執行役またはこれらに準ずる者をいう。)、または従業員が反社会的勢力であるとき。
  • (8)その他当社が会員として不適格と判断したとき。

第4条(入会の承認)

  1. 本サービス利用に係る入会希望者は、本規約および貸渡約款ならびに細則を承認の上、当社所定の「入会申込書」および当社が定める必要書類を当社に提出して会員契約の申込を行うものとし、当社は所定の審査を行い、入会を承認した場合に会員IDを発行し、これをもって本サービスへの入会が完了します。
  2. 当社は、レンタカーに関する基本通達(国自旅286号平成18年3月30日)に基づき、貸渡簿(貸渡原票)に運転者の氏名、住所、運転免許の種類ならびに運転免許証の番号を記載する義務、もしくは運転者の運転免許証の写しを添付する義務があるため、会員契約の際に、会員および登録運転者全員について、運転免許証とその他に身元を証明する書類の提示、それら書類の謄写の承諾を求めます。会員はこれを承諾し、当社の請求に従い提示することとします。なお、登録運転者の承諾については会員の責任において取り付けるものとします。また、これらに変更があった場合も同様とし、会員はその都度当社に通知するものとします。
  3. 会員契約を締結して会員となったお客様は、会員契約の有効期間中、別に定める貸渡約款により、シェアカーを借り受ける権利を有するものとします。

第5条(登録運転者の登録)

  1. 会員は、シェアカーを利用する者(会員自身を含む。)を登録運転者として当社に届け出て、当社の承認を得た上でこの登録運転者にシェアカーを利用させることができるものとします。
  2. 前項の届出は、会員が当社所定の申込書に登録運転者の氏名、住所、携帯メールアドレス、携帯電話番号、その他所定の事項を記入し届け出るものとし、当社はこの届け出を受けて所定の審査を行い、これを承認した場合に、会員に対し登録運転者数に応じた登録運転者IDを発行します。登録運転者IDの発行は登録運転者1名に対して1IDに限ります。
  3. 会員は、当社からの請求がある場合、自己の責任により、直ちに登録運転者の運転免許証等の提示に応じるものとします。
  4. 会員は、登録運転者に関して当社に届け出た事項またはその運転免許証の内容等に変更が生じた場合は、直ちに当社に届け出るものとします。
  5. 会員は、前各号の登録運転者の届出、変更に際しては、当該登録運転者の個人情報が当社に通知されることにつき、あらかじめ会員の責任において、当該登録運転者の承諾を得ておくものとします。
  6. 会員は、会員規約および貸渡約款ならびに細則に定めるシェアカーの利用者としての義務について、登録運転者をして遵守せしめるとともに、登録運転者が行った一切の行為について責任を負うものとします。

第6条(会員ID・登録運転者IDに関する承認事項)

  1. 会員は以下の事項を確認し、承認します。
    • (1)会員IDおよび登録運転者IDならびにそのパスワードを善良な管理者の注意義務をもって管理・使用するものとし、第三者に使用させたり、貸与等を行ってはならないものとします。
    • (2)会員IDおよび登録運転者IDならびにそのパスワードが第三者に使用されていることが判明した場合は、直ちに当社にその旨を届け出るものとします。会員が当該届出を怠りまたは遅延したことにより生じた損害は、会員の負担となります。
    • (3)登録運転者IDを利用した本サービスの利用は当該登録運転者に限ります。
    • (4)本サービスの利用、当社への照会および各種手続きにおいて、当社は会員または登録運転者本人であることを確認させていただくことがあります。この場合、会員は自らこれに協力するとともに、必要がある場合、登録運転者をしてこれに協力させるものとします。
    • (5)本サービスに関する会員および登録運転者への連絡等は、当社のホームページに掲載し、または会員が当社に届出した住所、電話番号、電子メールアドレスに対して行われます。
    • (6)当社が届出の住所に宛てて郵便にて発送した場合、通常到達すべき時期に到達したものとみなします。
  2. 当社は、以下のいずれかに該当する場合は、当該会員または登録運転者の承認を得ることなく、付与したIDの使用を停止することがあります。
    • (1)電話、電子メール等の手段で会員または登録運転者に連絡できない場合
    • (2)第三者によりIDが不正に使用されている場合、またはその恐れがあると当社が判断した場合
    • (3)その他当社が緊急性を認めた場合
  3. 前項に基づく措置により当該会員または登録運転者が損害を被ったとしても、当社は何らの責任を負わないのもとします。

第7条(登録運転者用ICカード)

  1. 当社は、会員からの請求があった場合、シェアカーの貸渡時に登録運転者の本人確認および開施錠に利用できるFeliCa対応の登録運転者用ICカードを貸与するものとします。その場合、会員は登録運転者用ICカードの貸与に要する費用として、料金表に定める金額を当社に対して支払うものとします。
  2. 会員は、当社が特に認めた場合、登録運転者が所持するFeliCa対応のICカード・携帯端末等を前項に定める登録運転者用ICカードとして利用することができます。その場合、登録運転者所有のICカード・携帯端末等の情報を当社所定のシステムに登録する必要があります。会員もしくは登録運転者は当社から指定された方法に従い当該情報の登録を行うものとします。また、会員はICカード情報の登録に要する費用として、料金表に定める金額を当社に対して支払うものとします。
  3. 会員は、当社から貸与もしくは利用の許可を受けた登録運転者用ICカードを善良な管理者の注意義務をもって、使用・保管するものとします。登録運転者用ICカードを第三者に使用させたり、複製したりしないものとします。
  4. 理由の如何を問わず、会員がその会員資格を失ったとき、または登録運転者の登録が取り消されたとき、または本サービスの提供が中止または終了したときは、当社は、第1項および第2項に定める登録運転者用ICカードの利用に必要な登録情報を消去するものとします。会員は、第1項に定める登録運転者用ICカードの貸与を受けている場合には、当社からの指示に従い、これを裁断の上廃棄するものとします。ただし、当社が会員に対し当該登録運転者用ICカードの返還を求めたときは、会員はこれに従い直ちに貸与を受けた登録運転者用ICカードを返還するものとします。
  5. 登録運転者用ICカード(第2項に基づき登録を受けた他のICカード・携帯端末等を含む。)の紛失、盗難、滅失または破損・性能不良の場合、会員は速やかにその旨を当社へ届け出るものとします。会員が当該届出を怠りまたは遅延したことにより生じた損害(他人による不正使用によるものを含む。)は、会員の負担となります。
  6. 会員は登録運転者用ICカードの再交付もしくは再登録に要する費用相当額として、料金表に定める金額を当社に対して支払うものとします。

第8条(シェアカーの貸渡)

当社は、貸渡約款の定めるところにより、シェアカーを会員に貸し渡すものとします。なお、貸渡約款および本約款ならびに細則に定めない事項については、法令または一般の慣習によるものとします。

第9条(決済・利用料金等)

  1. 会員は、本サービスの利用に伴う利用料金その他当社に対する債務を、個人会員については、当社に届け出たクレジットカード決済によるものとし、法人会員については、指定口座振替、当該法人代表名義のコーポレートカード・ビジネスカード決済、あるいは当社指定の決済方法によるものとします。
  2. 本サービスの利用に伴う固定料金、利用料金等の詳細については、別に当社が定める料金表によるものとします。なお、入会金、固定料金、利用料金およびその他費用について変更するときは、変更日の14日前までに、第6条第1項第5号により告知します。会員が当該変更日までに第13条に基づき退会しない場合には、当該変更に同意したものとみなします。
  3. 当社は、毎月末日をもって当該月に発生した利用料金・固定料金およびその他費用、その他会員が当社に支払うべき債務を締切り、これを集計します。ただし、第12条の定めにより会員契約の解除、登録運転者の登録取消し、あるいは会員または登録運転者に対して本サービスの利用が停止された場合は、直ちに会員の当社に対する全ての債務を集計し、請求できるものとします。
  4. 本規約の定めるところにより本サービスの提供の中断、利用の停止がなされた場合であっても、固定料金の支払いは免除されないものとします。
  5. 会員と銀行またはクレジットカード会社の間において、利用料金等の支払を巡って紛争が発生した場合は、会員は自己の費用と責任によりこれを解決するものとし、当社に一切迷惑をかけないものとします。
  6. 指定口座振替またはクレジットカード決済を行っている場合において、当社が銀行またはクレジットカード会社に所定額の請求をできなかった際には、会員は当社からの請求に従い、直ちに不足額を当社に支払うものとします。

第10条(登録情報の変更)

  1. 会員情報および登録運転者情報、その他会員契約に関して会員が当社に届け出た事項に変更が生じたときは、会員はその旨を直ちに当社に届出るものとします。
  2. 前項の変更により本サービスの提供に支障が生じると当社が判断したとき、当社は、会員資格を取消して会員契約を解除すること、登録者運転者の登録を取消すことができるものとします。
  3. 第1項の届出が行われなかったとき、または遅滞したときは、当社は、会員およびその登録運転者に対し、本サービスの提供を停止することができるものとします。
  4. 第1項の届出が行われなかったとき、または遅滞した、あるいは不備であったために、当社からの連絡、通知、請求等が会員に到達しなかった場合、または延着した場合、会員または登録運転者に不利益が生じても、当社は一切の責任を負わないものとします。

第11条(本サービスの提供の中止・中断)

  1. 当社は本サービスの提供が不可能または著しく困難になったと当社において判断した場合は、本サービスの全部または一部の提供を中止することができるものとし、会員に対して会員契約を解除できるものとします。
  2. 当社は、以下のいずれかの事由が生じた場合は、会員または登録運転者に事前に通知することなく本サービスを一時的に中断することができるものとします。
    • (1)本サービスを提供するためのシステム、ソフトウェア等の保守を緊急に行う場合
    • (2)本サービスを提供するためのシステムに負荷が集中した場合、またはセキュリティ上の問題があると当社が判断した場合
    • (3)火災、停電、地震その他天災により本サービスの提供ができなくなった場合
    • (4)戦争、変乱、暴動、騒乱、労働争議等により本サービスが提供できなくなった場合
    • (5)その他、運用上または技術上当社が本サービスの一時的な中断が必要と判断した場合
  3. 前2項の本サービスの提供の中止または一時的な中断により、会員または登録運転者が被った損害について当社は一切責任を負わないものとします。

第12条(会員資格等の取消しまたは一時利用停止)

  1. 会員または登録運転者が以下に定める事由に該当するときは、当社は会員に対する何らの通知催告を要せず、会員資格を取消し会員契約を解除すること、または運転登録者の登録を取消し、または会員契約を解除することなく会員または運転登録者に対して本サービスの提供を当社が必要と認める期間停止することができるものとします。なお、これらの場合、当社は同時にシェアカーの貸渡契約を解除(予約の取消を含む。)することができるものとし、シェアカーの貸渡契約を解除された会員は直ちにシェアカーを当社に返還するものとします。
    • (1)本規約または貸渡約款または細則について違反したとき。
    • (2)入会金、固定料金、利用料金、その他の費用の当社への支払いについて債務の履行を怠ったとき。
    • (3)当社への虚偽の申請があったとき。
    • (4)第3条各号のいずれかに該当したとき。
    • (5)反社会的勢力に自己の名義を使用させていたとき。
    • (6)脅迫的な言動もしくは暴力行為を行ったとき
    • (7)自らまたは第三者を利用して、偽計もしくは威力を用いて当社の業務を妨害し、または信用を棄損する行為を行ったとき。
    • (8)会員の指定したクレジットカード、または銀行の指定口座の利用が停止させられたとき。
    • (9)自ら振り出しもしくは引き受けた手形または小切手につき不渡処分を受ける等支払停止状態に至ったとき。
    • (10)自らにつき破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始または特別清算開始等の申立てが為されたとき。
    • (11)仮差押、仮処分、強制執行もしくは担保権の実行の申立または租税滞納処分を受けたとき。
    • (12)解散(合併による場合を除く。)し、または事実上その営業を休止もしくは停止したとき。
    • (13)行為能力または権利能力を喪失したとき。
    • (14)他の会員または登録運転者などに著しい迷惑を及ぼしたとき。
    • (15)本サービス利用に際し複数回の事故を起こしたとき、または重大な事故を起こしたとき、当社以外のカーシェアリングサービスまたはレンタカー利用において複数回の事故歴を有しているとき、その他運転技術が未熟であるまたは安全運転に努めないと当社が判断したとき。
    • (16)その他、本サービスの利用の継続が不適当であると当社が認めたとき。
  2. 前項の場合、会員は、当社からの何らの通知催告を要せず、当社に対する一切の債務について期限の利益を喪失するものとし、直ちに全ての債務を一括して弁済するものとします。

第13条(退会手続)

  1. 会員は、当社所定の手続きを行うことにより、いつでも退会し会員契約を終了することができるものとします。
  2. 会員は、退会するときは、当社所定の方法により、退会を希望する月の20日(当該日が金融機関の非営業日の場合は、前営業日)までに申し出るものとし、当社はその月の末日をもって退会を受理し、会員契約を終了するものとします。なお、退会希望日が契約期間の途中であっても当該期間の固定料金は返還しないものとし、会員は、退会月末日までの固定料金および退会までに生じた利用料金等の一切の債務を当社に支払うものとします。
  3. 当社は、会員契約が終了した際には、会員およびその登録運転者の登録運転者IDの登録を削除するものとします。

第14条(契約有効期間)

会員契約は会員契約成立の日に効力を発し、当社または会員から本規約に従い会員契約を終了するまで有効とします。

第15条(費用の不返還等)

会員契約が終了した場合、その理由の如何にかかわらず、当社は会員に対し、入会金、退会月の固定料金、本サービスの利用料金およびその他費用を返還しないものとします。また、当社は、会員契約の終了により、既に貸渡したシェアカーの利用料金および既に発生しているその他の費用の請求権または損害賠償請求権を放棄するものではありません。

第16条(会員契約終了による本サービスの取扱い)

会員契約が終了した場合、その理由の如何にかかわらず、会員の保有するすべての登録運転者IDは失効し、本サービスおよび特典は提供されません。

第17条(休会手続)

  1. 会員は、当社所定の手続きを行うことにより、休会(会員契約を維持しつつ、本サービスの利用を一定期間中断することをいう。)することができるものとします。
  2. 会員は、休会するときは、当社が定める休会届出書に所定事項を記入のうえ、休会を希望する前月の20日(当該日が金融機関の非営業日の場合は、前営業日)までに到着するよう当社に提出するものとし、当社は当該月の末日をもって休会届出を受理し、翌月の休会開始希望日から本サービスの提供を中断するものとします。なお、休会開始日が契約期間の途中であっても当該契約期間の固定料金については全額発生するものとし、会員は、契約期間末日までの固定料金および休会までに生じた利用料金等の一切の債務を当社に支払うものとします。
  3. 当社は、休会期間中、会員およびその登録運転者の登録運転者IDの登録を削除するものとし、会員は休会期間中、本サービスを利用することができないことを確認するものとします。
  4. 休会期間は最長2年とします。休会費は当社の定める金額とします。再開の申請がないまま休会期間が2年間を経過した場合、2年間経過時をもって退会されたものとみなします。なお、休会後本サービスの利用を再開した後、再度休会を申請するには、最低1年間の間隔をあけなければならないものとします。
  5. 休会中の会員が本サービスの利用再開を希望する場合、会員は、当社の定める利用再開届出書に所定事項を記入の上、利用再開希望日の14日前までに当社に提出するものとします。
  6. 当社は届出を受理し、会員の会員情報の更新および利用再開手続きを行うものとします。なお、本サービス利用再開日が月の途中であっても当該月の固定料金は全額発生するものとします。

第18条(オンラインまたは電子メールアドレスによる意思表示等の特則)

  1. 当社は、入会申込、登録運転者の登録・変更、退会、その他一定の手続の全部または一部について、書面の提出に代えて、オンラインまたは当社に届出した電子メールアドレスによる意思表示を行うことを認めることがあります。この場合、当社の定めるところに従い、会員からオンラインまたは当社に届出した電子メールアドレスによる意思表示があった場合には本規約において定める書面の提出があったものとみなすものとします。
  2. 前項に定めるオンラインによる意思表示に関し、会員のIDおよびパスワードが入力してなされた意思表示について、当社は当該意思表示を会員本人による真正な意思表示とみなすことができるものとし、会員はこれについて異議を述べないものとします。

第19条(個人情報)

個人情報の取り扱い、利用目的等については、別途定める「カレコ・カーシェアリングクラブ個人情報の取扱いについて」にて規定するものとします。

第20条(相殺)

当社は、本規約および貸渡約款ならびに細則に基づき会員に金銭債務を負担するときは、会員が当社に負担する金銭債務といつでも相殺することができるものとします。

第21条(消費税)

会員は、本規約および貸渡約款、細則に基づく金銭債務に課せられる消費税(地方消費税を含む。)を別途当社に対して支払うものとします。

第22条(遅延損害金)

  1. 会員は、利用料金その他の債務について支払期日を過ぎてもなお履行しない場合、支払期日の翌日から支払の日の前日までの日数に、年率14.6%の割合で計算される金額を遅延損害金として、当社が指定した日までに指定する方法で支払うものとします。
  2. 前項の支払に必要な振り込み手数料その他の費用は、全て会員の負担とします。

第23条(準拠法等)

本規約の準拠法は日本法とします。
本規約と英文訳の用語又は文章につき齟齬がある場合、本規約を正式のものとし、これを優先適用します。

第24条(本規約の変更等)

当社は、本規約を変更する場合、変更日の14日前までに、第6条第1項第5号により告知します。会員が当該変更日までに第14条に基づき退会しない場合には、当該変更に同意したものとみなします。

第25条(管轄裁判所)

本規約に関する一切の訴訟、紛争については、東京地方裁判所をもって第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

本規約は2017年4月1日から施行します。

カレコ・カーシェアリングクラブ貸渡約款

本規約は、三井不動産リアルティ株式会社(以下「当社」という)が運営するカレコ・カーシェアリングサービス(以下「本サービス」という)に入会されるお客様に適用されます。

第1章:総則

第1条(約款の適用)

  1. 三井不動産リアルティ株式会社(以下「当社」という。)は、当社との間でカレコ・カーシェアリングクラブ会員規約(以下「会員規約」という。)を締結した会員(以下「会員」という)に対し、会員規約および本約款ならびに第33条の細則(以下「細則」という。)の定めるところにより、当社所定の保管場所(以下「ステーション」という。)に保管されている車両(以下「シェアカー」という。)を会員に貸渡し、会員がこれを借り受けるサービス(以下「本サービス」という。)を提供するものとします。なお、会員規約、本約款および細則のいずれにも定めのない事項については、法令または一般の慣習によるものとします。
  2. 当社は、会員規約および本約款ならびに細則の趣旨、法令および一般の慣習に反しない範囲で、特約に応ずることがあります。特約した場合には、その特約が本約款および細則に優先するものとします。
  3. 本約款は会員および会員規約第5条の登録運転者(以下「登録運転者」という。)に適用されるものとし、本約款中、登録運転者が遵守すべきものとして定められている義務については、会員が会員の責任において登録運転者をして当該義務を遵守せしめるものとします。

第2条(予約の申込)

  1. 会員および登録運転者は、シェアカーを借り受けるにあたって、別に定める料金表に同意のうえ、当社所定の方法により、あらかじめ借受ステーション、借受シェアカー、借受開始日時、借受終了日時、その他の借受条件(以下「借受条件」という。)を明示して予約の申込を行うものとします。
  2. シェアカーの借受開始日時および終了日時は、ステーションの営業日、営業時間内とします。
  3. 当社は、会員または登録運転者から予約の申し込みがあった場合は、他の予約状況等を勘案し、シェアカーの利用が可能な範囲で予約に応じるものとします。
  4. 当社は、会員および運転登録者の希望する借受条件による予約を保証するものではなく、天災、シェアカーの事故・盗難・故障、予約システムの故障・通信障害、他の会員または登録運転者の予約との重複、他の会員または登録運転者によるシェアカーの返還遅延、その他の事由により予約を申し込むことができなかった場合または予約が承認されなかった場合でも、これによる会員または登録運転者に生ずる損害について、当社は賠償責任を負わないものとします。
  5. 会員および登録運転者は、以下の場合は、予約の申し込みをすることはできず、当社は予約を承認しません。また、既に予約がされている場合であっても、以下の事由が判明した場合は、当社は予約を取消すことができるものとします。
    • (1)会員のクレジットカード与信枠が不足している場合
    • (2)会員が当社に対して負担する利用料金等の債務の支払いが遅延している場合
    • (3)会員規約第12条に定める会員資格または運転登録者の登録の取消し、または本サービスの利用停止の事由に該当する場合

第3条(予約の変更)

  1. 会員または登録運転者は、予約時の借受条件を変更するときは、当社所定の期間内に、所定の方法により申し込み、当社の承諾があった場合に限り、借受条件が変更されるものとします。なお、予約の変更についても前条第3項および第4項の規定を準用します。
  2. 前項の変更に関し、当社所定の期間を過ぎている場合には、借受開始日時の変更はできないものとし、会員または登録運転者はこれを承認します。

第4条(予約の取消し等)

  1. 会員または登録運転者は、当社所定の期間内に、所定の方法により、予約を取消すことができるものとします。
  2. 前項の予約の取消しに関し、当社所定の期間を過ぎている場合には、会員は別に定めるところにより予約取消手数料を当社に支払うものとします。
  3. 会員または登録運転者が、第1項の予約の取消しまたは変更を行わなかった場合は、シェアカーを利用しなかったとしても、会員は、予約された借受条件に従い利用料金を支払うものとします。
  4. 当社は、天災、シェアカーの事故・盗難・故障、他の会員または登録運転者によるシェアカーの返還遅延、予約システムの故障・通信障害等により、シェアカーの貸渡しができなくなった場合、またはシェアカーの貸渡しが不適当と当社が判断した場合は、予約を取消すことができるものとします。この場合、会員または登録運転者は、予約が取消されたことについて、当社に対して損害賠償その他の請求をしないものとします。

第5条(保証事項)

  1. 会員は自己および登録運転者について、シェアカーの借り受けに際して以下の事項を、当社に保証するものとします。
    • (1)シェアカーの運転に必要な資格の運転免許を有していること、および運転免許証について会員規約に従い変更、更新等の通知がなされていること。
    • (2)予約した登録運転者および当社が認めた登録運転者以外の者に運転させないこと。
    • (3)シェアカーの利用時に酒気を帯びてないこと。
    • (4)麻薬、覚醒剤、シンナー等による中毒症状等が一切ないこと。
    • (5)運転に支障のある薬を服用していないこと、医師から運転を控えるよう指示されていないこと、その他運転するにあたっての健康上の支障がないこと。
    • (6)シェアカーの利用時に6才未満の幼児を幼児用補助装置なしで同乗させないこと。
    • (7)交通法規を遵守してシェアカーを運転すること。
    • (8)会員規約第12条に定める会員資格等の取消し、本サービスの利用停止の事由に該当しないこと。
  2. 当社は、会員または登録運転者が前項各号に反することが判明した場合には、予約の拒絶または予約の取消し、貸渡契約の締結を拒絶または貸渡契約の解除をすることができるものとします。

第6条(貸渡契約の成立)

シェアカーの貸渡契約は、第2条の予約に基づき、ステーションにおいて、当社所定の方法により、利用開始手続きを行うことにより成立するものとします。

第7条(利用料金)

  1. 貸渡契約が成立した場合、会員は当社に対して次項に定める利用料金を支払うものとします。
  2. 利用料金とは、以下の合計金額をいうものとし、当社はそれぞれの金額または計算根拠を料金表に明示します。
    • (1)時間料金
    • (2)パック料金
    • (3)距離料金
  3. 当社が受領する利用料金は、シェアカー貸渡時において、地方運輸局長および沖縄総合事務局長に届出て実施している料金表によるものとします。
  4. 算出された課金単位未満の時間は切り上げます。

第8条(利用料金改定に伴う処置)

前条の利用料金を第2条の予約後に改定したときは、予約した利用開始時における料金によるものとします。

第9条(借受条件の変更)

会員または登録運転者は、利用開始後に借受条件を変更しようとするときは、借受期間内に、所定の方法により、当社の承諾を受けなければならないものとします。なお、借受条件の変更についても第2条第3項および第4項の規定を準用します。

第10条(管理責任)

  1. 会員または登録運転者は、シェアカーの借受期間中、善良なる管理者の注意義務をもってシェアカーを利用し、保管するものとします。
  2. 会員または登録運転者は、前項の注意義務を怠り、シェアカーを滅失、毀損、汚損した場合、直ちに当社に報告しなければなりません。

第11条(定期点検整備)

  1. 当社は、道路運送車両法第48条の定期点検整備を実施したシェアカーを貸渡すものとします。
  2. 前項の点検整備の結果、シェアカーの使用が不適当と認められた場合には、当社は、第2条の予約を取消すことができます。なお、会員または登録運転者は、この予約の取消しにより生じた損害について、当社に責任を問わないものとします。

第12条(日常点検整備等)

  1. 会員または登録運転者は、借り受けたシェアカーについて、毎日利用する前に道路運送車両法第47条の2(日常点検整備)に定める点検整備を実施するとともに、傷・凹み等がないことを確認するもとのします。
  2. 会員または登録運転者は前項の点検・確認により、異常または傷、凹み等を発見した場合は、速やかに当社に連絡し、当社の指示に従うものとします。なお、当該異常等により、シェアカーの貸渡しができなくなった場合において、他のシェアカーの案内ができないとき、または当社が案内した他のシェアカーの借り受けを会員または登録運転者が承認しないときは、貸渡契約は解除となります。なお、これにより会員または登録運転者に生ずる損害について、当社は責任を負わないものとします。
  3. 法令で定められた装備品(チャイルドシート、ジュニアシート、初心者運転標識、高齢者運転標識など)は、会員または登録運転者がその費用と責任において確保した上で適正に装着するものとし、当社は一切責任を負わないものとします。
  4. 前項にかかわらず、当社は、チャイルドシート、ジュニアシート等の装備品をシェアカーに備え置き、または提供し、会員または登録運転者の用に供することがあります。この場合、会員または登録運転者は、当該装備品を使用する場合には、自己の責任により瑕疵の有無等について点検の上自己の責任によりこれを使用するものとし、当社は、当該装備品の一切の瑕疵について責任を負わないものとします。

第13条(禁止行為)

会員または登録運転者は、シェアカーの借受期間中、次の行為をしてはならないものとします。
  • (1)当社の承認および道路運送法に基づく許可等を受けることなく、シェアカーを自動車運送事業またはこれに類する目的に利用すること。
  • (2)シェアカーを車両としての利用目的以外に使用し、または当社が認めた登録運転者以外の者に運転させること。
  • (3)シェアカーを転貸し、または担保の用に供する等の行為をすること。
  • (4)シェアカーの自動車登録番号標または車両番号標を偽造もしくは変造、あるいはシェアカーを改造もしくは改装をする等、その原状を変更すること。
  • (5)シェアカーに搭載されている車両情報システムの機器に変造を加えること、または不正・不要な操作を行うこと。
  • (6)当社の承認を受けることなく、シェアカーを各種テストもしくは競技に利用し、または他車の牽引もしくは後押しに利用すること。
  • (7)法令または公序良俗に違反してシェアカーを利用すること。
  • (8)当社の承諾を受けることなく、シェアカーについて損害保険に加入すること。
  • (9)シェアカーを日本国外に持ち出すこと。
  • (10)シェアカー内で喫煙すること、ペットを同乗させること。
  • (11)シェアカーに灯油を持ち込むこと。
  • (12)その他シェアカー内で異臭を発生させること、汚損することなどにより他の会員および登録運転者に迷惑を及ぼす行為をすること。

第14条(運転者の労務供給の拒否)

会員および登録運転者は、自動車の借り受けに付随して、当社から運転者の労務供給(運転者の紹介および斡旋を含む)を受けることはできないこととします。

第15条(違法駐車)

  1. 会員または登録運転者が、利用中のシェアカーに関し、道路交通法に定める違法駐車をしたときは、直ちに違法駐車をした地域を管轄する警察署(以下「管轄警察署」という)に出頭して、自らの責任と負担で違法駐車に係る反則金および違法駐車に伴うレッカー移動、保管等の諸費用を納付する(以下「違反処理」という)ものとします。また、シェアカーの返還が借受期間を超えた場合は、会員は当該超過部分について利用料金および第19条の超過違約金を支払うものとします。
  2. 当社は、警察からシェアカーの違法駐車の連絡を受けたときは、会員または登録運転者に連絡し、すみやかにシェアカーを移動させ、シェアカーの借受期間満了時または当社の指示するときまでに管轄警察署に出頭して違反処理を行うよう指示するものとし、会員または登録運転者はこれに従うものとします。なお、会員または登録運転者がこれらの指示に従わない場合、またはシェアカーが警察により移動された場合には、当社は何らの通知催告をすることなく貸渡契約を解約し、シェアカーを引き取ることができるものとします。
  3. 当社は、当社の判断により、違反処理の状況を交通反則告知書および納付書・領収書等により確認するものとし、処理されていない場合には、処理されるまで会員または登録運転者に対して前項の指示を行うものとします。また、当社は会員または登録運転者に対し、違法駐車をした事実、および警察署等に出頭し、違反者として法律上の措置に従うことを自認する旨の当社所定の文書(以下「自認書」という)に自署するよう求め、会員または登録運転者はこれに従うものとします。
  4. 当社が道路交通法第51条の4第4項の放置違反金納付命令を受け、放置違反金を納付した場合、あるいは会員または登録運転者の探索およびシェアカーの移動、保管、引き取りに要した費用等を負担した場合には、当社は会員に対して以下に揚げる金額を請求し、会員は、当社の指定する期日までにこれを支払うものとします。
    • (1)放置違反金相当額
    • (2)当社が別に定める駐車違反違約金
    • (3)探索に要した費用、および車両の移動、保管、引き取りに要した費用
  5. 第1項の規定により会員または運転登録者が駐車違反に係る反則金等を納付すべき場合において、会員または登録運転者が、第2項に基づく違反を処理すべき旨の当社の指示または第3項に基づく自認書に署名すべき旨の当社の求めに応じないときは、当社は第4項に定める放置違反金および駐車違反違約金に充てるものとして、当社が別途定める額の駐車違反金を申し受けることができるものとします。
  6. 会員が、第4項に基づき当社が請求した金額を当社に支払った場合において、会員または運転登録者が、後に該当駐車違反に係る反則金を納付し、または公訴を提起されたこと等により、放置違反金納付命令が取り消され、当社が放置違反金の還付を受けたときは、当社は既に支払いを受けた駐車違反関係費用のうち、放置違反金相当額のみを会員に返還するものとします。前項に基づき当社が駐車違反金を申し受けた場合においても、同様とします。
  7. 当社は、当社が必要と認めた場合は、警察に対して自認書および貸渡簿等の個人情報を含む資料を提出する等により、会員または登録運転者に対する放置駐車違反に係る責任追及のための必要な協力を行うほか、公安委員会に対して道路交通法第51条の4第6項に定める弁明書および自認書ならびに貸渡簿等の資料を提出し、事実関係を報告する等の法的措置をとることができるものとし、会員および登録運転者はこれに同意します。
  8. 当社が第4項の放置違反金納付命令を受けた時または当社が第4項に定める請求を行い、会員が当社の指定する期日までにこれを支払わなかったときは、会員または登録運転者の氏名・住所・運転免許証番号等を(一社)全国レンタカー協会に登録するものとします。

第16条(電気自動車および充電器の利用)

会員または登録運転者は、電気自動車および充電器の利用に際し、次の条項に従うものとします。
  • (1)電気自動車の利用に関するマニュアルを遵守し、利用すること。
  • (2)電気自動車または充電器の不適切な取扱いにより、充電器または電気自動車を破損・紛失・汚損した場合は、修復に要する費用を会員が負担すること。
  • (3)電気自動車または充電器の不適切な取扱いまたは不注意により生じた事故について、当社は一切の責任を負わないものとします。
  • (4)利用開始時に充電が十分でない場合、会員の負担にて充電すること。なお、その場合の充電に要する時間も課金対象に含まれることを会員は承諾するものとします。
  • (5)電気自動車の特性として運転の仕方、走行状況、エアコンやオーディオの使用状況等により、走行可能距離は大きく変わることを了承し、早めの充電を心がけること。なお、当社のステーション以外での充電に要する費用は、会員の負担とします。
  • (6)ご利用中に充電切れ等で移動できなくなり、レッカー移動や充電作業等が必要となった場合、その費用を会員が負担すること。

第17条(車両情報システム)

会員は、シェアカーにシェアカーの位置情報、事故発生時の映像、運転状況等(以下「車両情報」という。)を記録する情報機器が搭載されており、これらの車両情報が記録されること、および当社が記録された車両情報を以下の各号に定める場合に利用することを異議なく承諾します。
  • (1)本サービスの提供・管理のために車両の位置情報、会員の運転状況等を確認する必要があると当社が判断した場合
  • (2)事故が発生しその状況を把握するために必要な場合
  • (3)会員に対して提供するサービス・商品の品質向上のためのマーケティング分析に利用する場合
  • (4)法令または政府機関等により開示が要求された場合

第18条(返還手続き)

  1. シェアカーの返還は、定められた返還日時までに、シェアカーを借り受けた車両ステーションにシェアカーを返却した上で、会員または登録運転者自らが所定の方法で施錠を行うことにより完了します。また、返還時に別に定める作業・操作等が必要となるシェアカー(電気自動車等)についてはこれらの作業・操作等を実施するものとします。これらに違反したときは、会員は当社に与えた一切の損害を賠償するものとします。
  2. 会員または登録運転者は、シェアカーを当社に返還するとき、通常の利用による摩耗を除き、借り受けた状態で返却するものとし、シェアカーの損傷、備品の紛失等を発見した時は、直ちに当社へ連絡するものとし、シェアカーの損傷、備品の紛失等が会員または登録運転者の責に帰すべき事由による場合、会員は、シェアカーを借り受けた状態とするために要する費用を負担するものとします。
  3. 会員または登録運転者は、シェアカーの返還にあたって、シェアカー内に会員または登録運転者、あるいは同乗者等の遺留品がないことを確認するものとし、当社は、返還後の遺留品について責任を負わないものとします。

第19条(超過違約金)

  1. 会員は、会員または登録運転者が、当社の承諾を受けることなく借受期間を超過した後にシェアカーを返還したときは、超過した時間に応じた利用料金、および別に定める違約金を支払うものとします。
  2. 会員または登録運転者は、天災その他の不可抗力により借受期間内にシェアカーを返還することができない場合には、当社に生ずる損害について責任を負わないものとします。この場合、会員または登録運転者は直ちに当社に連絡し、当社の指示に従うものとします。

第20条(所定場所以外への返還)

会員または登録運転者が所定のステーション以外の場所にシェアカーを返還した場合は、会員は当社に与えた損害について賠償する責任を負うほか、シェアカーの回収・移動に要した費用を負担するものとします。

第21条(シェアカーが返還されなかった場合の措置)

  1. 当社は、会員または登録運転者が、借受期間満了時から12時間経過しても所定の返還場所にシェアカーを返還せず、かつ当社の返還請求に応じないとき、または会員または登録運転者が所在不明となる等の理由によりシェアカーが乗り逃げされたと認められるときは、会員または登録運転者に対し刑事告訴を行う等の法的手続のほか、(一社)全国レンタカー協会に対し、不返還被害報告をする等の措置をとるものとします。また、これらの場合に、当社は、通信システムの操作によりシェアカーの利用を終了させることができるものとします。
  2. 当社は、前項に該当することとなった場合には、シェアカーの所在を確認するため、会員または登録運転者の家族、親族、勤務先等の関係者への聞き取り調査等の必要な措置をとるものとします。
  3. 前各項に該当することになった場合、会員は、シェアカーの所在調査、回収ならびに会員または登録運転者の探索に要した費用その他当社に与えた損害について賠償するものとします。

第22条(故障発見時の措置)

会員または登録運転者は、利用中にシェアカーの異常または故障を発見したときは、直ちに運転を中止し、当社に連絡するとともに、当社の指示に従うものとします。

第23条(事故発生時の措置)

  1. 会員または登録運転者は、借受期間中にシェアカーに係る事故が発生したときは、直ちに運転を中止し、事故の大小にかかわらず、法令上の措置をとるとともに、次に定める措置をとるものとします。
    • (1)直ちに事故の状況を当社に報告し、当社の指示に従うこと。
    • (2)事故に関し、当社および当社が契約している保険会社の調査に協力し、当社および当社が契約している保険会社が要求する書類等を遅滞なく提出すること。
    • (3)当該事故に関し、相手方と示談または協定をするときは、あらかじめ当社の承諾を受けること。
    • (4)シェアカーの修理を行う場合は、当社が認めた場合を除き、当社または当社が指定する工場で行うこと。
  2. 会員は、前項の他、自らの責任において事故の処理および解決に努めるものとします。

第24条(盗難等発生時の措置)

会員または登録運転者は、借受期間中にシェアカーの盗難が発生したとき、およびその他被害を受けたときは、次に定める措置をとるものとします。
  • (1)直ちに最寄りの警察に通報すること。
  • (2)直ちに被害状況等を当社に報告し、当社の指示に従うこと。
  • (3)盗難・被害に関し当社および当社が契約している保険会社の調査に協力し、当社および保険会社が要求する書類等を遅滞なく提出すること。

第25条(使用不能による貸渡契約の終了)

  1. 天災、事故、故障、盗難等によりシェアカーの使用が不能となった場合は、当社にその連絡がなされた時点で貸渡契約は終了するものとし、この場合の利用料金は第2項から第4項のとおりとします。
  2. 使用不能の事由が会員または登録運転者または当社のいずれの責めにも帰さない場合は、会員は、前項の貸渡契約終了までの利用料金を支払うものとします。
  3. 使用不能の事由が会員または登録運転者の責めに帰すべき場合は、会員は当社の定めるところに従い、その終了時間までの利用料金を支払うものとします。
  4. 使用不能の事由がシェアカーの貸渡前に存した瑕疵による場合には、当社は利用料金を請求しないものとします。
  5. 会員または登録運転者は、シェアカーを使用できなくなったことによる損害が生じた場合であっても、当社に対し、いかなる請求もできないものとします。

第26条(賠償および営業補償等)

  1. 会員または登録運転者がシェアカーを利用して第三者または当社に損害を与えた場合には、会員はその損害を賠償する責任を負うものとします。ただし、当社の責に帰すべき事由による場合を除きます。
  2. 前項の当社の損害のうち、事故、盗難、会員または登録運転者の責に帰すべき事由による故障、シェアカーの汚損・臭気等により、当社がそのシェアカーを利用できないことによる損害については、料金表に定める営業補償(ノン・オペレーションチャージ)によるものとし、会員は直ちにこれを支払うものとします。
  3. 第13条第5項の禁止行為が行われた場合、会員は料金表に定める違反金を直ちに支払うものとします。ただし、違反金の支払いをもって当社の損害賠償の請求を妨げるものではないものとします。
  4. 貸渡契約の履行に際し当社の責に帰すべき事由により会員もしくは登録運転者に損害が生じた場合には、当社に故意または重大な過失がある場合を除いて、当社は通常生ずべき現実の損害についてのみ、当該貸渡契約における利用料金相当額を上限として損害賠償責任を負うものとし、特別の事情によって生じた損害および逸失利益については賠償責任を負わないものとします。

第27条(保険その他の制度による補償制度)

  1. 会員または登録運転者がシェアカーの運行に関して賠償責任を負うときは、当社がシェアカーについて締結した損害保険契約等により、次の限度内の保険金または補償金が給付されます。ただし、その保険約款の免責事由に該当するときはこの保険金または補償金は給付されません。
    • (1)対人補償:1名につき無制限(自賠責保険を含む)
    • (2)対物補償:1事故につき無制限(免責0万円)
    • (3)車両補償:1事故限度額時価額(免責0円)
    • (4)人身傷害補償:1名につき6,000万円まで
  2. 保険金が給付されない損害および前項の定めにより給付される保険金額を超える損害については、会員の負担とします。
  3. 本約款に違反した場合には、第1項に定める保険金または補償金は支払われません。
  4. 当社が前2項に定める会員の負担すべき損害金を支払ったときは、会員は直ちに当社の支払額を当社に弁済するものとします。

第28条(同意解約)

会員または登録運転者は、借受期間中であっても、当社の同意を得て貸渡契約を解約することができるものとします。この場合、当社は、貸渡しから返還までの期間に相当する利用料金を全額受領するものとします。

第29条(相殺)

当社は、本約款および細則に基づき会員に金銭債務を負担するときは、会員が当社に負担する金銭債務といつでも相殺することができるものとします。

第30条(消費税)

会員は、本約款および細則に基づく金銭債務に課せられる消費税(地方消費税を含む)を当社に対して支払うものとします。

第31条(遅延損害金)

  1. 会員は、利用料金その他の債務について支払期日を過ぎてもなお履行しない場合、支払期日の翌日から支払の日の前日までの日数に、年率14.6%の割合で計算される金額を遅延損害金として、当社が指定した日までに指定する方法で支払うものとします。
  2. 前項の支払に必要な振り込み手数料その他の費用は、全て会員の負担とします。

第32条(準拠法等)

本約款の準拠法は日本法とします。
本約款と英文訳の用語または文章につき齟齬がある場合、本約款を正式のものとし、これを優先適用します。

第33条(約款および細則)

  1. 当社は、本約款の細則を別に定める事ができるものとし、その細則は本約款と同等の効力を有するものとします。
  2. 当社は、予告なく本約款および細則を改訂し、または約款の細則を別に定めることができるものとします。
  3. 当社は、本約款の変更または細則の制定・変更を行った場合には、当社の発行するパンフレット、料金およびホームページ等にこれを記載するものとします。

第34条(管轄裁判所)

本約款に基づく権利および義務について紛争が生じたときは、東京地方裁判所をもって第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

本約款は2017年4月1日から施行します。