• 入会

  • ログイン

  • メニュー

必要な時にご希望の場所でのご利用で業務効率が向上

カレコを活用した業務効率カイゼンのご提案

24時間、首都圏各地で使えるカレコで行動範囲が拡大

希望の場所で使えるカレコで、行動範囲が拡大

電車移動と組み合わせて活用

電車での移動後、駅近くのステーションのクルマを利用できます

  • 効果
    • 都心の渋滞に左右されないため、移動時間が短縮!
      時間もコストも効率化!

  • 活用例
  • 自社から電車で移動、訪問先の最寄り駅からカーシェアリングを利用 図:自社>電車利用>カレコ>訪問先
社員の自宅近くステーションを活用

登録運転者さまはすべてのステーションの車が利用できます。

  • 効果
  • 自宅の最寄りのステーションを活用することで、会社まで車を取りに行く必要がなく時間の短縮が可能です。
  • 活用例
  • オフィスが東京で神奈川在住の社員さまが、神奈川県内の営業に向かうため、自宅最寄りのステーションからカーシェアリングを利用
  • 万が一の事故の場合
  • 保険内容もカーシェアリングなら万全です。
導入事例紹介
  • 小売業Eさま
    新規出店候補地の現地調査にご利用

必要なときに使えるカレコで、従業員満足度が向上

夜間パックを利用して、終電後の帰宅に利用

夕方6時から翌朝9時まで時間料金が上限、全車種 2,500円(輸入車を除く)

  • 活用例
  • 恵比寿から大宮までの深夜のタクシー利用と比較した場合
    タクシー料金 約13,000円(深夜料金含む)
    カーシェアリング料金 約4,000円(翌朝利用含む、コンパクトカー)⇒ 結果 8,000円以上おトク
福利厚生の一環として、休日の利用を許可

福利厚生の一環として、会社が休日(私用)のカーシェアリング利用を許可。
利用料金の半額を負担するという運用を実施している法人会員さまもいらっしゃいます。

  • 効果
  • 社員の満足度が向上
導入事例紹介
  • サービス業Fさま
    社員の余暇充実によるモチベーションアップにご利用